home > 行政書士試験の勉強法 ~モチベーション管理術~

「対策に自信をもつこと」、これが一番

ところで、行政書士試験に独学で挑戦するとなると、どうしても不安になるのが「モチベーションの維持」ではないでしょうか。
行政書士試験は比較的短期での合格が可能であるとはいえ、2ヵ月、3ヵ月で合格を掴みとることのできる受験生はほんの一握り。大半の受験生は1年前後の長丁場を戦うことになります。

長い受験生活の中で、受験生であれば幾度となく弱気になったり、勉強を辞めたくなったりするでしょう。
予備校や通信教育を活用し、しっかり対策を進めている受験生でもそうなのですから、行政書士試験に独学で一から挑戦する場合にはなおさら、気持ちの面で負けそうになる場面は何度もやってくるもの。
そんな背景においても、ただひたすらに、ひたむきに努力を重ねていくことができなければ、合格などあり得ません。

「これで良いのだろうか」「ちゃんと実力はついているのか」と不安ばかり感じていれば、何かのきっかけでひとたび学習がスムーズに進まなくなった途端、やる気はフェイドアウトしてしまうでしょう。
「どうせ独学で頑張っても上手くいかないんだ」、そんな心境になってしまえば、勉強を続けることに意義を見出すことができなくなります。

そうなれば、試験対策など続けていける道理はありません。実際、行政書士試験の独学受験生の多くは、本試験日すら迎えられずに脱落している現実があります。
「独学で」というと、気軽に、しかも自由に進められて良いなと感じるかもしれませんが、いざ始めてみるとこの「モチベーションの維持」に大いに悩まされることになるのです。

行政書士試験に独学で挑む皆さんが、いかにしてモチベーション高く試験対策を進めていくか。大前提として挙げられるのは、「自分のやっていることに自信を持つ」ことに他なりません。
独学を始めたからには、決して後ろを振り返らないことです。

「この対策で良いんだ」「これで合格を目指せるんだ」と、前向きに取り組んでいきましょう。
極端な話、何の根拠もなくとも自信を持ち、学習に対して一貫してひたむきに、何かしら取り組むことができれば、ゆっくりではあれ着実に合格に近づいていくもの。気持ちの部分を維持することは、何よりも大切なのです。

皆さんも、「独学でやるぞ」と決めたらぜひ、前だけを見て突き進んでください。モヤモヤと生じる不安は、確実に対策を進めることで払拭していきましょう。

>>行政書士の業務が分かるインタビュー(提供:フォーサイト)

上へ